先端設備に取り組む日本信号の株価推移

日本信号の技術は道路上に設置された信号機や鉄道用信号機、駅で改札口に設置された自動改札機からコインパーキングの駐車システム等にも情報機器が搭載されています。
日本信号のシステムは陸・海・空の各分野で安全面に配慮した、尚且つ高い監視能力を搭載した先端設備の生産を行なっています。
日本信号は現在発達した交通網で、安全性という重要な役割を担い、、広域交通管制システムを管理する先端設備により24時間止まることの無い監視を行なっています。
この先端設備により、渋滞緩和やスムーズな運航が可能となります。
日本信号は証券コード6741で東京証券取引所の第一部に上場しており、2012年の政権交代以降400円台であった株価は1400円を超える場面があるほど値を上げています。
過去2年間において増収増益傾向が見られ、トレンドとして上昇傾向ですが、四半期決算ごとに利益確定売りが入り、20%上昇後に調整とも言える下落のポイントがあり、10%程度押しながら20%上げるという相場を形成しており、大きなファンダメンタル要素以外では株価は堅調に値を上げています。

日本信号は日本の交通システムを担う、インフラ事業である側面から、どのタイミングで株を購入しても安定したインカム収入が得られることから、長期投資に向く銘柄であると言えるでしょう。
短期でキャピタルゲインを目的とした場合、現在のチャートの動きから判断すれば、現在高値水準である日本信号の株価は目先で調整が入ることも考えられるため、指値のポイントを考えて投資することが良いです。
万が一、投資後に目先で株価を下げても、現在の業績推移から判断すれば成長性が高いため、投資判断は強気と言っても良いでしょう。

ページの先頭へ戻る